スーパークロリネーション

塩素殺菌・消毒による水質管理を行っていても、遊泳人数が多くなると汗や尿などによって水中のアンモニア分が多くなって水質が悪くなることがあります。
目痛の原因は水中の塩素が多すぎるからだと思われがちですが、実は水中の塩素不足が原因なのです。
こんな時には、一時的に塩素濃度を高くし、アンモニアを分解させる必要があります。この処理を「スーパークロリネーション」といいます。

一覧へ戻る