ポンプ

学校プールにおける循環ろ過システムでは、底引き吸い込み口から水を吸い込み、集毛器(ヘアーキャッチャー)に入り、大きなゴミをとります。その後、ポンプで圧力をかけ水量を調整しながらろ過機に送り込みます。
ろ過された水に対して、滅菌器で塩素注入を行ない、再びプールに水を戻します。
循環ろ過システムにおいて、ポンプは心臓のような働きをし、正確な水流を作っています。

一覧へ戻る