安全管理マニュアル

学校水泳プールの安全管理については、これまで一部の先生によって管理されていることが多いと問題視されていました。万が一、プール事故が起きた際に、学校として迅速かつ適切な対応を行なうためには、各学校ごとに「安全管理マニュアル」を作成しておく必要があります。
各学校が「学校プールの安全管理マニュアル」を作成することで、全ての先生方が共通理解のもと、事故の未然防止、事故が起きた際の応急手当(心肺蘇生法及びAED・酸素ボンベの使用)及び緊急連絡体制を確認することができ、児童・生徒が安全に、そして、安心してプールの利用ができるようにしましょう。

プール開きの前に

点検チェックポイント

万が一事故が起こったら

AEDの使い方

一覧へ戻る