プール開きの前に

昭和43年から平成16年までに、全国で32人(小学校6人、中学校23人、高等学校3人)もの子どもたちが学校管理下におけるプール排水口の事故により亡くなっています。平成7年からは、文部省(現 文部科学省)が、プール排水口に係る全国調査を開始するとともに、全国のプール設置管理者に「プールの安全標準指針」がアピールされました。
プール授業には、思いもよらない事故を引き起こす危険性をはらんでいます。楽しいはずのプールを悲しい記憶とさせないよう、先生方には万が一の時の対処法など、プール開きの前に安全講習で再確認しましょう。

安全講習への参加

プールの安全講習

AEDの使用方法や心肺蘇生方法の実技を伴う講習です。学校の先生向け講習は、各地域の消防署が行なっている場合や、民間の団体が実施している場合があります。
プール開きの前には、全ての先生が安全講習を受けるようにしましょう

消防署及び水道局への連絡

消防署への連絡

学校のプールは、地域によっては防火水槽として指定されている場合があります。
したがってプールの清掃を行なう際、給排水を行う場合には必ず最寄りの消防署及び水道局、教育委員会等に連絡をしなくてはなりませんのでご注意ください。

プールの清掃

プールの清掃

屋外の場合は特にですが、プールには土砂や藻などが蓄積し易いため、プールを清掃する際には怪我等をしないよう十分注意しましょう。

 ・土砂の中には、空き缶やガラス瓶の破片など危険なものが
  混じっていることがあるので、素足で作業したりせず、
  必ず靴や軍手等を着用する。

 ・コケなどにより滑りやすくなっているので、転倒などの
  事故防止に十分留意する。

 ・薬剤を使用する際には、ゴム手袋やゴーグルを着用し
  直接薬剤が肌に触れないようにする

一覧へ戻る