不連続点現象について知りたい。

プール水は汚れの度合いによって、塩素の消費量が変ります。
プールの使用日数が続き、汗やアンモニアなどで有機物汚濁が進んだとき、注入塩素量を増やしても、残留塩素量は一旦増えた後、また滅り、再び増えます。このもっとも滅った点を不連続点といいます。

不連続点以前の残留塩素を結合型といい、殺菌カは遊離型に比べてはるかに弱くなります。
この不連続点現象を知らずにいますと、塩素不足になりますので、度々測定し、塩素系消毒剤を補充するようにして下さい。

一覧へ戻る