プールの安全管理で気をつけなければならないポイントは?

学校のプールにも、実は危険がたくさんあります。
管理を怠ると取り返しのつかない事故を引き起こすことになりますので、十分注意してください。
プールの安全管理は、下記のポイントにわけて段階的にチェックをすると良いと思います。

安全チェックポイント

■事前の設備点検
・プールサイドの滑りどめ対策は行なっているか?
・児童が転倒した際の安全対策はとられているか?
・プールの排水口は吸い込み防止対策が取られているか?
・衛生管理設備(ろ過機・滅菌器)等は正常に稼働しているか?
・塩素剤等の薬品類は、児童の手の届かない所に施錠された上で保管されているか?

■直前のプールの水質確認
・遊離残留塩素濃度は正常値になっているか?
・水は濁っていないか?
・ゴミや浮遊物はないか?
・腰洗い槽の遊離残留塩素濃度は正常値になっているか?

■授業中の児童の管理
・プールに入る前に体調確認を行なったか?
・プールが苦手な児童を把握しているか?
・顔色が悪い児童はいないか?
・はしゃいでいる児童はいないか?
 

一覧へ戻る