残留塩素の測定法を教えてください。

残留塩素測定方法は比色式のDPD法が一般的です。
DPD法は桃赤色に発色し、その呈色サンプルと標準色と比色し、測定します。
DPD法は呈色が敏感な上に安定で、微量の遊離残留塩素濃度を測定でき、常温以下でも高い測定精度を示します。
プールの水質管理のポイントは残留塩素が、遊離型か結合型かを知ることです。
DPD法ではこれを容易に測定できます。日曹DPD法測定器をご準備下さい。

一覧へ戻る