プール開き前に

安全管理だけでなく、衛生管理の観点からもプール開きの前に行なうべき項目があります。ここでは、プール開きの前に行なうべき衛生管理について記載しています。
なお、このページで記載している情報については、プール用薬品のメーカーである日本曹達株式会社よりご協力を頂きました。

プール開きの前に

1年間使用していないプールを清掃する際には、安全面の注意はもちろんですが、衛生面から点検する必要があります。

プールの清掃

プール清掃

プール本体の壁面、底面に付着している藻を除去する必要があります。藻は完全に死滅させていないと、プール試用期間中に藻の再発し、綺麗にしたプールに水を張ってもすぐ緑色になることがあります。
プール清掃の方法について、モデルパターンを記載します。

【用意するもの】

  • 清掃用具他:
    ポリバケツ(10ℓ)、デッキブラシ、たわし、じょうろ、長ぐつ、ゴム手袋、日曹ハイクロン、日曹ノンクロエース
  • 保護具:
    保護メガネ(メガネをかけていない人)、作業用長袖シャツ、ズボン、ゴム手袋、長ぐつ

【作業手順】

  1. プールの清掃の2~3日前に、日曹ハイクロン顆粒剤をプールの外からプール水面に散布します
    ※使用量の目安:300㎥プールで日曹ハイクロン顆粒剤5~10kg
  2. プールの水深を浅い所で10㎝位までにします。底に大きなゴミや異物等があると、プール塗装を破損する原因となりますので取り除きます。
  3. 日曹ハイクロン顆粒剤2~3kgを水面に散布し、30分程度放置します。やがて藻が脱着し、清掃が楽になります。
  4. 日曹ハイクロン顆粒剤3%溶液を作り、ジョウロで壁面上部より均一にかけます。
  5. 10分~20分後、壁面、底をブラッシングします。 
    ※3%溶液を作るには、ポリバケツ(10ℓ)に水を入れ、日曹ハイクロン顆粒剤300kgを加えてよく攪拌(かくはん)します。
  6. ブラッシング終了後、日曹ノンクロエースで脱塩素してください。
    ※日曹ノンクロエース使用量(g)=水量(㎥)×残留塩素(㎎/ℓ)×2
  7. 最後に、充分な水で洗い流しながら排水します。

【作業上の注意】

  • 日曹ハイクロンを使用したプール清掃では、保護メガネ、作業用長袖シャツ、ズボン、ゴム手袋、長ぐつ等保護具を着用してください。
  • 日曹ハイクロンは強力な酸化剤です。希釈液が飛散し衣類に付着した場合、漂泊しますのでご注意ください。
  • プールで清掃の際は、ハイクロン(顆粒及び溶液)を児童には取り扱わせないでください。

プール管理日誌の準備

プール日誌

プール管理日誌は、プール試用期間中毎日記載するよう義務付けられています。だからといって仕方なく準備するのではなく、プール熱やその他菌の発生などを防ぐためにも、積極的に取り組むようにしましょう!

プール日誌テンプレートはこちら

ろ過機・滅菌器の点検

ろ過機や滅菌器等に水漏れや破損、動作不良がないかを確認します。不明な点は設備メーカーに問い合わせ、プール開き前に解消しておく必要があります。