学校のプール掲示板

プールに関するご質問、お悩み、随時受付中です!
新規投稿は、下記投稿フォームより行っていただくことができます。

新規投稿
  1. 2014/07/23

    ぷうすかぽんち より:

    はじめまして。
    小学校でプールの管理をしています。

    質問ですが、プールに注水している水道水の流量等に関わる基準や
    その根拠があれば教えていただきたいです。

    以上よろしくお願いします。

    返信

    • 2014/07/23

      admin_pool より:

      ぷうすかぽんちさん

      水道水の流量とは、補給水のことでしょうか?

      補給水については、プール設計時に補給管がついていますが、流量等については、役所と相談してください。
      役所の方から流量の制限がかかる可能性があります。

      返信

  2. 2014/07/13

    かっぱ より:

     幼稚園で組み立て式プール2台(ビニール及びFRP)を屋外で使っています。使用後は濾過器を使って掃除し、塩素を加えて、同じ水を2〜3日用いています。最近になって、朝、水の中や組み立ての接続部分(ゴム)に、ユスリカの卵らしいものが時折見つかるようになりました(夜間産みつけられているようです)。見つかるときは結構たくさんで、気持悪いのでできるだけ除去するようにしていますが、いっそ水を全部入れ替えてしまう方が良いのでしょうか。除去しきれなかった卵を過って飲み込んだりしても問題はないのでしょうか。また、できれば産卵を防ぎたいのですが、良い方法はないでしょうか(夕方さらにハイクロンを入れましたが、産卵を防ぐことはできませんでした)。

    返信

    • 2014/07/14

      admin_pool より:

      かっぱさんへ

      投稿ありがとうございます。

      実は虫が夜中に卵を産み付けることはよくあります。
      水量の少ないプールの場合は、水を入れ替えるのが良いと思います。

      2~3日同じ水を使う場合は、プールが終わった後、人が入水できない状態になってから(帰る時など)塩素3~5ppm注入し、水面にシートをかけて下さい。
      朝、塩素濃度をはかり、塩素が多い場合は脱塩素剤を入れてプール水を調整してください。

      返信

    • 2014/07/14

      かっぱ より:

       ありがとうございました。早速試してみます。

      返信

  3. 2014/07/10

    プール管理人 より:

    はじめまして。沖縄の中学校のプールで管理人をしているものです。
    7/8日に沖縄に台風が来たのですが、次の日にプールを見てみると想定してたとおり木の葉っぱなどが沢山浮いてたり、底に沈んでます。
    プールの表面に浮いてる葉っぱは、除去する事が出来るのですが、私はプールの管理人をするのは初めてなので、台風後にどの様にして木の葉っぱなどを底から除去するのか分かりません。

    返信

    • 2014/07/14

      admin_pool より:

      プール管理人さん、投稿ありがとうございます。

      プールに入った葉っぱやゴミは、残念ながら人の手で除去する以外ありません。
      水面に浮いている程度でしたらアミで取るのですが、底や水中に大量にあるようでしたら、一旦水を抜き、底に溜まったゴミを取リ除き、キレイにした後に水を入れる、というのが一般的かと思います。

      返信

  4. 2014/06/23

    水泳部員の母 より:

    神奈川県川崎市内の県立高校へ通う子どもの保護者です。

    子どもの話によるとプールが緑色で汚いということなのですが、水泳部ですので毎日そのプールで泳いでいます。
    私の目で確認していないので汚さ加減は子どもの話でしか分かりませんが、プールは5月上旬に生徒たちが清掃をしてから注水して、それっきり水は交換していないとの事です。
    現在のプールの状況は以下のような感じだそうです。

    ▶︎となりのレーンを泳ぐ人の顔が見えない
    ▶︎底にしずんでいる緑色のものが泳ぎだすと舞い上がってよけいに濁る
    ▶︎緑色に見える
    ▶︎網で水面のゴミをすくった事がない(網を見た事がないそうです)
    ▶︎アメンボがたくさんいて、泳いでいると口に入る
    ▶︎2mくらい先が見えないので、ターンがうまくできない(というか、壁にぶつかりそうになる)
    ▶︎目の開いていない鳥のヒナの死体が沈んでいた(プール脇の草むらに捨てたそうです)

    以上のような状況で、何の知識のない自分でも
    健康上問題がないとは到底思えません。

    ですが高校の先輩の話によると「毎年こんなもんだ」という意見らしいので、高校のプールはこのくらいのものだと諦めなければいけないのでしょうか。

    学校に保護者1人が意見をしても何も改善はされないのではないかと思います。

    水泳をがんばっている子どもが病気になる前に保護者としてどのように対応すべきでしょうか。

    返信

    • 2014/06/23

      admin_pool より:

      水泳部員の母さんへ

      緑色のプールは普通ではありません!
      これは、すぐに学校側に改善を依頼すべきです。

      たしかに、藻が発生しているだけなのかもしれませんが、プール水は透明で、なおかつ、菌が繁殖しないように管理しなくてはならないものです。

      まずは、学校薬剤師さんに水質基準のチェックを依頼するのが良いと思います。
      その上で、塩素剤や徐藻剤などの薬品の、正しい使い方を学校側に指導してもらうようにしましょう。

      プール水の安全基準詳細については、下記などをご参照ください。

      http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/seikatsu-eisei01/pdf/02a.pdf

      返信

  5. 2014/06/13

    金魚のきもち より:

    中2の子供が水泳部です。わけあって週に1度だけ学校のプールで泳いで帰って来るのですが、使用した水着やタオルからドブ川のような異臭がします。
    部員が2人しかなく、そのため顧問がほったらかしで、プールの水質管理が不安です。
    学校側は、泳ぐ前に塩素を入れていると言うのですが、このまま泳がせて大丈夫ですか?
    異臭の原因として考えられることはなんですか?

    返信

    • 2014/06/23

      admin_pool より:

      金魚のきもちさん、投稿頂きありがとうございます!

      そうですね、確かにドブ川のような臭いというのは心配ですね。
      学校のプールであれば、水質管理の義務がありますので、塩素濃度や水質基準の範囲内になっているか、一度学校薬剤師さんにチェックしてもらう方が良いですね。

      ただ、水着やタオルをしばらく放置してしまうと、雑菌が繁殖してしまい、異臭がするので、プールの水が原因なのか、濡れたままタオルを放置したせいなのか、その辺りを確認してからの方が良いかもしれませんね。

      返信

  6. 2014/04/23

    くろ より:

    学校での水泳指導において、指導体制は細かくどこに示されていますか?
    指導「人数」は何人以上とかですが、そういうのはどこに書かれていますか?
    あと、「流れるプール」は指導上禁止だったような・・・どこかに明記されていますか?

    返信

  7. 2014/03/27

    プール初心者 より:

    プール掃除で水を抜きました。
     藻がひどいところに、塩素をこすりつけておくとよいとネットで見たので
     やってみました。ただ、そのまま水をいれてもいいのかわかりません。
     一度水で流してから新しい水をためていったほうがいいのでしょうか?

    返信

    • 2014/04/23

      admin_pool より:

      直接塩素を藻にかけ、除去掃除がすんだら、2・3日そのまま天日干しして、そのあと水で洗い流してから新しい水を入れてください。

      返信

  8. 2013/08/15

    とも より:

    はじめまして
    2週間ほど濾過器のみ運転していて、
    子どもたちが入らなかったプールには
    時折藻が発生していたりします。

    その際、その藻をブラシなどでこすって
    水中に拡散させるという方法で
    除去するという考え方でよろしいのでしょうか。

    よろしくお願いします。

    返信

    • 2018/12/10

      admin_pool より:

      ともさんへ

      藻が発生した時は、その藻をとるのに水中でブラシでこすって藻をとるのはかまいません。
      ただし、塩素を多めに入れ、藻を死滅させてください。
      水が透明になるまで1・2日はプールに入らず、ろ過機を回してください。

      水がきれいにならない場合は、塩素をさらに追加して、行ってください。

      藻があまりひどい場合は、水を抜いて一から清掃してください。

      返信

  9. 2013/08/08

    かあちゃん より:

    小学生の保護者です。
    夏休み、学校のプールが解放されているので泳ぎを教えるために
    一緒にプールに入るのですが、日に日に藻が増え、泳ぐ前に
    浮いている藻やごみを除去しなければ子供たちが嫌がって入水
    しません。
    泳ぎだしても、水中の藻が多く、子供たちは遊んでいる内に水を
    飲んでしまうこともあります。
    今日、プールの当直の先生にどうにかならないものかと言いましたが
    pHも基準通りだし、太陽が当たるので藻が生えるのは仕方ないと
    いう事でした。
    私が子供のころはもっときれいで透き通ったプールだったはずですが。
    あまり苦情を言うと、プール開放自体がなくなってしまいそうです。
    解決法があれば教えてください。

    返信

    • 2014/07/23

      admin_pool より:

      かあちゃんさん

      藻を抑えるのは塩素不足です。pHは関係ありません。
      常に残留塩素を0.4~1ppmを維持して、プールを使用してください。

      プールが終わった後、塩素が無ければまた藻が生えますので、終わった後も必ず塩素を入れてください。

      返信

  10. 2013/08/01

    keisan より:

    学校の関係者ですが、プールに外部から侵入者がいたのか、底に人間のものと思われる大便が沈んでいて、生徒が網ですくい上げたのですが、少し解けて浮遊しているものもあります。水を入れ替えるにもかなりの費用がかかりどのように対処すれば良いのか悩んでいます。ご指導よろしくお願いします。

    返信

    • 2014/07/23

      admin_pool より:

      keisanさん

      取れるだけ取り除いたあと、程度がひどくなければ、塩素を10ppm程度まで上げてください。

      そのあと、ろ過機を回して1日様子を見てください。
      翌日、残留塩素がどれくらい残っているか確認してください。

      残留塩素が残っているようであれば、大腸菌雑菌処理は済んでいると思われますので、そのままで大丈夫だと思います。

      残留塩素が無いようであれば、上記工程をもう1日繰り返して様子を見てください。
      その間、絶対に泳がないでください。

      程度があまりにひどい場合は、水を抜くことをお勧めします。

      返信

  11. 2013/07/16

    tainosin より:

    こんにちは

    何回も投稿してすみません。
    先日、再検査して大腸菌は検出されませんでした。
    以前検出された理由は、よくわかりませんが。
    去年までは24時間、塩素注入をしていましたが、今年から
    18:00~7:00の注入を止めたそうです。
    再検査のため24時間に戻してもらいました。
    前回は雨が降ったので、それも関係しているかもしれません。
    色々相談にのっていただきありがとうございました。
    また初心に戻って検査したいと思います。

    返信

    • 2013/07/16

      admin_pool より:

      tainosinさんへ

      再検査の結果、問題なかったということで、良かったです♪
      色々とお疲れ様でした。。。

      おっしゃられるように、日常的にしっかりと塩素管理を行っていても、検査直前に雨などが降ると、プール水の状態は悪くなってしまいます。
      可能であれば、比較的安定した状態の時に検査を行うのが良いですね。

      これからもがんばってください!

      返信

  12. 2013/07/08

    muumuumuu より:

    幼稚園です。プールのろか装置はついていないので、毎日夕方に全て排水し、前日か当日の朝に水を入れて使用します。
    朝、残留塩素が2.0以上で、子どもがプールに入る頃には0.8位でした。水質検査に薬剤師さんが来てくださり、残留塩素か0.4でしたが、大腸菌が検出されました。(水曜日)  木・金と行事があり、プールは使用していません。水をぬいた状態でそのまま土日を経過しています。
    今プールに少し水をため、塩素を濃いくして遊びに使ったボールなど入れて殺菌中です。この後、プールの中、側面、プールサイドを濃い塩素の水で掃除するように薬剤師さんに言われています。掃除後、水をはり、塩素を入れて大腸菌の検査を行い、検出されなければ水曜日よりプール使用可能とのことです。毎朝、塩素は濃い目にしていますが、なぜ検出されたのでしょう?洗身体槽はなく、プール前後はシャワーのみです。毎日排水して掃除し、塩素も気を付けていたのでショックです。この暑い中、プールに入れない子どももかわいそうで・・・

    返信

    • 2013/07/09

      admin_pool より:

      muumuumuuさん、投稿ありがとうございます。

      大腸菌に関するご質問が続いたので、ちょっとまとめ的な記載をさせて頂きますね。

      遊離残留塩素が0.4ppm以上あるにもかかわらず大腸菌が検出された時は、以下のような原因が考えられます。

      ・pHが高い(アルカリ性になっている)
       →殺菌力の強い遊離塩素が消費されてしまいます。

      ・プール水に糞尿が混じった
       →子供だけでなく、犬・猫なども考えられます。

      ・プール側面、底面、プールサイドなどから混入した
       →プール水を入れる前に、よく洗ってください。

      ・入水した人数がいつもより多かった
       →児童が入水する時は塩素の自動注入ができないので、塩素濃度は1.0ppm程度を維持する方が良いです。

      ・検査の際のプール水の取得方法が悪かった
       →プール水が手や指に触れた場合などは大腸菌が検出されることがあります。
       →プール水は水面ではなく、プールの対角点の水面から30cm程度のものを取得してください。

      「大腸菌は0.25ppmの塩素がある状態に30秒接触すると死滅する」のは事実ですが、外部環境に影響を受けない場合のことです。
      実際のプールでは、子供の入水だけでなく、紫外線や埃・ゴミなど様々な影響を受けるため、常に塩素は反応しています。
      きっちり塩素管理しているつもりでも、日によって、塩素量を変化させ無くてはならない場合もありますので、臨機応変な衛生管理が必要です。

      今回の場合は、薬剤師さんのおっしゃった通り、高めの塩素濃度(10ppm程度)の水でプール内を消毒し、一晩置いてからプール側面やプールサイドなどを徹底して洗浄するのが良いと思います。

      プール水の衛生管理は徹底して行って頂く必要はありますが、一度大腸菌が出てしまったからといって、全てダメ、という訳ではありません。
      きっちりと管理していても大腸菌が出てしまったのであれば、検出された直前の状況を記憶しておき、同様の状況が発生した際には、いつもより塩素濃度を濃くする、などの工夫をすれば良いだけです。

      環境により、大腸菌の出やすいプールがあるのも事実です。
      大事なのは、ご自身の管理されているプールがそういうタイプのプールなのかどうかを知っておくことだと思いますので、今回の件を経験として、次に検出されないようプール管理にいかしてくださいね。

      ■厚生労働省による遊泳プールの水質基準

      (1) 水素イオン濃度は、pH 値5.8以上8.6以下であること。
      (2) 濁度は、2度以下であること。
      (3) 過マンガン酸カリウム消費量は、12mg/L 以下であること。
      (4) 遊離残留塩素濃度は、0.4mg/L 以上であること。また、1.0 mg/L 以下であることが望ましいこと。
      (5) 塩素消毒に代えて二酸化塩素により消毒を行う場合には、二酸化塩素濃度は0.1mg/L以上0.4mg/L 以下であること。また、亜塩素酸濃度は1.2mg/L 以下であること。
      (6) 大腸菌は、検出されないこと。
      (7) 一般細菌は、200CFU/mL 以下であること。
      (8) 総トリハロメタンは、暫定目標値としておおむね0.2mg/L 以下が望ましいこと。

      返信

  13. 2013/07/05

    tainosin より:

    こんにちは

    前回、回答していただきありがとうございました。
    消毒剤は次亜塩素酸です。
    学校は、塩素を循環させる機械、濾過機を7:00~18:00まで
    絶え間なく運転させています。(土日、祝日も)
    ただ、塩素循環の機械は、3分稼働して、3分休止するサイクルに
    なっているようです。
    そのことが塩素が0,4あるのに大腸菌が出たことと関係しているのでしょうか?
    よろしくお願いいたします。

    返信

    • 2013/07/07

      admin_pool より:

      tainosinさん

      追加情報、ありがとうございます。

      無機系薬品で残留塩素0.4ppm、pH7.2であれば、理論上は大腸菌は存在できないはず。
      その状況で大腸菌が出てしまったとなると、考えられる問題点は次の2点です。

      1.プール水の取り方に問題があった
      2.滅菌瓶の取扱いに問題があった

      1はプールの対角点、水面下30cm位の水をとって測定したか、ということです。
      プールの水面付近やプールサイドで水をとらないようにしなくてはなりません。

      2は、プール水を滅菌瓶に入れる際、親指などで滅菌瓶にフタをしなかった、また、滅菌瓶に入れたプール水が、手に触れなかったか、など、プール水に外部から大腸菌が入り込んでしまった可能性があるのではないか、ということです。
      人の手には大腸菌等の雑菌が付着しているので、プール水が指などに触れてしまうと、大腸菌がプール水に移ってしまいます。

      滅菌器のサイクルは、環境により変化しますので、正常に動いているのであれば特に問題はないように思います。

      状況から考えると、プール水に何らかの原因で大腸菌が入り込んだ可能性があるのではないでしょうか?

      再度、正しい取得方法でプール水を取り、大腸菌の検査をしてみてはいかがでしょうか?

      返信

  14. 2013/07/03

    tainosin より:

    はじめまして
    私は学校薬剤師ですが、担当する小学校のプールで悩んでいます。
    プールの水質検査を行い、残留塩素は0,4あったのですが大腸菌が
    検出されました。
    PHが7よりかなり高いと殺菌力は弱くなると聞きますが7,2なので
    それは関係ないかもしれません。
    私は塩素と大腸菌の接触時間が短いために検出されたと思うのですが、いかがでしょうか?
    それが原因なら、どれぐらい必要でしょうか?
    学校は費用の関係もあり、水泳の授業のない時は塩素を循環させていないようです。

    返信

    • 2013/07/03

      admin_pool より:

      tainosinさん、投稿ありがとうございます。

      残留塩素が0.4ppmとのことですが、お使いの薬剤は無機系(次亜塩素酸ソーダ、次亜塩素酸カルシウム)でしょうか?有機系(イソシアヌル酸)でしょうか?

      無機系薬剤をお使いで残留塩素が0.4ppm、pH7.2の場合は25秒で大腸菌は死滅しますので、ご指摘のように接触時間の問題かもしれません。
      しかし、お使いの薬剤が有機系のものであれば、残留塩素濃度が1ppmであっても大腸菌は死滅させることはできませんのでご注意ください。

      日本で統一されている残留塩素基準は無機系薬剤を対象としているため、もし有機系薬品をお使いの場合は、日本基準では管理できません。
      ちなみにアメリカの塩素管理基準では、有機系薬剤の場合、残留塩素は3ppmという指標があります。

      薬品の種類によって基準が変わりますので、一度ご確認ください。

      たしかに費用の問題もあるとは思いますが、安全にプールを楽しんでいただくためにも、プール水の塩素管理は日常的に行っていただきたいですね。。。
      プールの授業の前には、必ず徹底した水質管理をお願いします!

      返信

  15. 2013/01/09

    Nishi より:

    老朽化した大学のプールで浄化槽の循環系統で水漏れが発生しました。漏れている箇所が見えないので、地中にある配管のようですが特定できておりません。大学の施設ですが教育では使っていないので、大学側からは修理をせずに使用禁止を言い渡されているようです。水泳部のOB会でなんとかしてあげたいのですが、お金のかかることであり、まずは水漏れ箇所を見つけて修理の方針を決めるためにも修理費用がどのくらいかかるかを見極めなければなりません。場所が分かってしまえば、単なる配管の水漏れなのですが、まずは見積りの対応をしてくれるような業者を紹介してもらえませんか。

    返信

    • 2013/01/09

      admin_pool より:

      Nishiさんへ

      「学校プール.com」をご訪問頂き、ありがとうございます!
      せっかくプールがあるのに、使用禁止というのは残念ですね・・・。
      母校のプール設備を有志でサポートされようとしているNishiさんのお気持ちに応えられるよう、できるだけ協力させて頂きたいと思います!

      ちなみに、大学があるのはどちらでしょうか?
      見積もりのための調査にもコストが発生する場合がありますので、できるだけ近隣の業者を探してみようと思います。
      宜しければ、市町村等をお知らせください。

      また、配管の水漏れということですが、濾過循環機器を動作していなくても水漏れは発生しているのでしょうか?
      それとも、動かした時だけ水が漏れているのでしょうか?
      症状の違いによっても、対応する業者が変わってくることがあるため、できるだけ詳細をお知らせ頂けると助かります。

      あと、こちらは掲示板となりますので、個別事情等の掲載が難しいようでしたら、以降、 info@gakkoupool.com  に直接メールをお送りください。
      メールにてご返信をさせて頂きます。

      それでは、よろしくお願いいたします♪

      返信

  16. 2012/08/28

    なな より:

    今年は、経費削減でプールでの換水を控えたところ、お盆明けには、塩素剤を投入しても、残留塩素が殆ど測定できない状況になりました。
    pHを測定したところ、pH値5になっていました。そこで、ネットで調べ、あさはかにも、ソーダ灰と硫酸バンドをプールに直接投入してしまいました。
    pH値は、7になり、残留塩素も測定出来るようになりましたが、濁りとプール底に、水酸化アルミニウムの沈殿物が溜まってしまいました。
    沈澱物の良い処理方法があれば、教えて下さい。

    返信

    • 2012/08/29

      admin_pool より:

      ななさん、投稿ありがとうございます。

      残念ながら、一旦できてしまった沈殿物は、プールロボットなどで取り除くか、入水して排水溝付近にできるだけ沈殿物を集め、濾過機に吸わせて濾過するしかありません。

      換水を控えたところ、残留塩素が測定できなかったという状況だったようですが、塩素剤は有機系のものをお使いでしょうか?

      有機系塩素剤を使用している場合、補給水が少ないと結合が増え、遊離残留塩素が出にくくなります。
      そのために残留塩素が検知されなくなったのではないかと思います。
      そのような場合はスーパークロリネーションを行い結合塩素を無くすか、補給水を入れてください。

      また、そのような状況では、遊離塩素の安定性の高い無機系の塩素剤の方が適していると言えます。
      用途に合わせて、薬剤を変更されてはいかがでしょう?

      有機系塩素を使用している場合は、試用期間が長くなればなるほどpHは下がります。
      これはプール内に塩酸ができているためで、多めの補給水を入れていただくなどでpH値の調整が必要です。
      pH値を上げるためにはソーダ灰を入れて調整してください。
      ソーダ灰を少しずつ投入して、pH値を適正な値まで上げ、その後、白濁などがあるようでしたら凝集剤(PAC ポリ塩化アルミニウム)を使用すれば正常になるかと思います。

      返信

    • 2012/08/30

      なな より:

      回答ありがとう、ございます。
      さっそく、濾過器の洗浄をし、沈澱物を排水口付近に集めて濾過させたところほとんどなりました。
      ご指摘の通り、有機系の塩素剤をしようしています。
      今年は、経費削減のため、例年より注水を規制されたことと、水中掃除機の掃除を一回しかしなかったことが、理由かと思います。
      換水の量が少ない場合は、日ごろからpH調整が必要なんですね。
      事務と協議して、週一回、濾過器の洗浄を行い、それに、伴いオーバーフローまで、注水を行うことになりました。
      プールの水質を保つための、ギリギリの所かと考えています。

      今まで、一人で悩んでいたのですが、この、サイトでプール管理人に仲間とつながることができて、とても、嬉しいです。
      今後とも、よろしくお願いします。

      返信

    • 2012/09/05

      admin_pool より:

      ななさんへ

      プール水が正常に戻ったようで、良かったです♪

      確かに、プール水の入れ替えは手間もコストもかかるので、どちらの学校でも節約されているのが現状のようです。

      有機系塩素剤をお使いということなのですが、塩素の含有量によって、「トリクロロイソシアヌル酸」「ジクロロイソシアヌル酸ナトリウム」「ジクロロイソシアヌル酸カリウム」の3種類に分類されることはご存知でしょうか?
      トリクロロとジクロロではトリクロロが溶けにくく、カリウム塩とナトリウム塩ではカリウム塩の方が溶けにくいという違いがあります。
      薬品の特徴なども把握しておくと、より効率の良いプール運営が可能になります。

      プール運営の悩みや疑問を解決して頂くために「学校プールドットコム」は存在しているので、遠慮なくご利用ください!

      またのご訪問、お待ちしております♪

      返信

    • 2012/09/15

      なな より:

      お陰様で、学校のプールも無事終わりました。
      なんと、最後の週の水質が一番綺麗だったので、まだ、プール使いたいと要望が出るほどでした。
      また、事務からも、今年の夏の水道代は、去年より大幅に削減できたと、感謝されました。
      5月に開催された県のプール管理者講習会では、水質管理基準や衛生管理、救急の話はあっても、水質の調整に関してはありませんでした。
      来年は、是非、県の学校プール関係者に学校プールのサイトを紹介させて頂きたいと思います。

      返信

    • 2012/10/03

      admin_pool より:

      ななさんへ

      プール管理、お疲れさまでした!
      水質管理や機器のメンテナンス方法は、プールの利用状況や環境によって千差万別。
      だからこそ、色々な事例をこの「学校プールドットコム」で共有して頂きたいと思っています。

      実は学校プールドットコムのアドバイザーは、プール機器、薬品、メンテナンスなどの専門家ばかりなんですよ。

      困った時には、いえ、困った時こそ、学校プールドットコムをご活用くださいね。
      来シーズンも、よろしくお願いいたします♪

      返信

  17. 2012/06/11

    南の島 より:

    2週間前くらいから徐々にプールの水が緑色になってきています。塩素は基準値をたもっていますが、pHが低くなっています(6.0以下)。以下の方法を試してみました。①塩素濃度を高くする②pHプラスをプールに散布する③凝集剤を入れる  など様々な方法を試してみましたが、全く効果がありません。どうすればよいでしょうか?

    返信

    • 2012/06/12

      admin_pool より:

      南の島さん、投稿ありがとうございます!
      緑色になっているということは、既に藻が発生してしまっていますね・・・。
      除藻剤は藻の発生を防ぐためには有効ですが、一旦発生してしまうと、塩素剤で除去するのが一般的です。

      藻を除去するには、通常の塩素濃度(0.4ppm~1ppm)にこだわらず、一旦急激に塩素濃度を上げる必要があります。
      (※ただし、この作業中は、絶対に入水しないようにしてください!!)
      まずは10ppm~50ppm程度で塩素を投入し、濾過機は運転させたままで翌日様子を確認してください。
      緑色が濃い場合は、100ppm程度でも良いかと思います。

      翌日、藻が完全に除去されている場合は問題ないですが、緑色が少し薄くなった程度の場合は、もう一度塩素を10ppm程度で、水が透明になるまで同じ工程を繰り返してください。
      プールの水が透明になったら、脱塩素剤(ノンクロエースなど)で塩素濃度を適切な数値に調整してください。

      また、除去した藻が濾過機に溜まることがありますので、濾過機の逆洗を行った方がよいと思います。
      (塩素剤と合わせて凝集剤を使った時などは特に)

      繰り返しになりますが、塩素濃度を上げている間は、絶対に入水しないようご注意くださいね!

      返信

    • 2012/06/12

      admin_pool より:

      【追加です】
      pH値が下がっている点について、コメントを忘れてしまったので追記させて頂きます。
      6.0というのは多少低くなっているので、そのままだと濾過機や配管等への影響が出てしまいます。
      イソシアヌール酸(有機系塩素剤)の薬剤を使用した場合、pH値が下がりやすくなります。
      藻が発生しやすい環境であれば、塩素剤は即効性のある無機系薬剤を使用する方が望ましいかもしれません。
      環境に合った特性を持つ塩素剤を利用することで、より効率的な塩素管理が実現可能ですよ。

      返信

  18. 2012/05/30

    にわか体育主任 より:

     プール掃除、注水も無事に終わり、いよいよプール開きを待つばかりとなりました。全自動のろ過機と塩素で水質の管理を行っているところです。
     質問ですが、自校のプールは、コケが生えやすく、油断するとプールの水が緑色になりやすいということで、清澄化剤という薬品を購入しています。これは、稀釈してプールに散布ということになっているのですが、基準となる水量は、現在プールに入っている水量なのでしょうか。ちなみに説明書きには水100立方メートル当たり50~100グラムの割合で投入となっていました。
     初歩的な質問で申し訳ありませんが、助言をよろしくお願いします。

    返信

    • 2012/05/31

      admin_pool より:

      にわか体育主任さん、投稿ありがとうございます。
      プールにコケが生えやすい、というのは、みなさんお悩みの問題のようですね。。。

      さて、ご質問頂いていた内容ですが、清澄化剤はプールの容量(=水量)によって使用量が決まります。
      お使いの清澄化剤の種類によって多少差はあると思いますが、25メートルプール(25m×15m×1.5mの場合)だと水量は約550㎥なので、お使いの清澄化剤だと275g~550g程度を散布すればよいことになります。

      ちなみに、コンクリート材質のプールは、コンクリートの中にコケが根をはるので、プール水が緑色になり易いので、使用目安の容量内で濃度は高めにしても良いかもしれないですね。

      プールを安心・安全に使ってもらうためには、日々の管理が不可欠です。清澄化剤散布と合わせて、残留塩素濃度の管理もしっかりおこないましょう!

      またお困りの時は、いつでもご相談ください!

      返信

  19. 2011/07/26

    プール大好きっこ より:

    今、とても困っています。
    先月からプールの管理責任者を任されたのですが、何か手をつけてよいのか全く分かりません。
    みなさんは、日ごろのプールの管理ってどのようなことをされていますか?
    どうか皆様からのアドバイスを宜しくお願い致します。

    返信

    • 2011/07/26

      プール管理経験者 より:

      プール責任者の仕事は、「誰もが正しくプール管理できるオペレーションを作ること」だと思います。

      最初は大変かもしれませんが、まずはプール運営に関しての知識を身につけた方が良いかもしれませんね。
      でも、今までも学校にプールがあったなら、色んな資料が既にあるんじゃないですか?

      もしそうなら、現実的には実作業は各先生方がやってくれるので、仕事としてはあんまりないですよー。

      心配せず、自分自身がプールについてわからないことを勉強すれば大丈夫です!

      返信

新規投稿

この回答に更に質問する

admin_pool への返信 コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>